ナビゲーションスキップ用画像

ナビゲーションをスキップ

 
 
ホーム > 観測資料 > 磁気嵐 (月別概況) > 月別磁気嵐情報

磁気嵐情報 (1989年1月)


【1989年1月4日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
柿 岡 23時 5分 6日 15時 急始 18 132 10.8 56
女満別 23時 5分 6日 15時 急始 16 125 15.5 28
鹿 屋 23時 5分 6日 15時 急始 22 160 9.5 54

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



【1989年1月11日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
柿 岡 12時 6分 12日 21時 急始 12 115 8.8 39
女満別 12時 6分 12日 21時 急始 14 123 13.2 21
鹿 屋 12時 6分 12日 21時 急始 13 132 8.6 43

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



【1989年1月14日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
鹿 屋 10.3時 18日 21時 緩始 127 10.2 71

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



【1989年1月14日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
柿 岡 16.1時 18日 21時 緩始 112 11.1 65

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



【1989年1月14日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
女満別 16.4時 18日 19時 緩始 116 14.1 32

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



【1989年1月20日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
鹿 屋 11時 29分 22日 24時 急始 12 272 10 78

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



【1989年1月20日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
柿 岡 12時 32分 22日 24時 急始 26 234 10.6 83
女満別 12時 32分 22日 21時 急始 30 251 17.3 45

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



【1989年1月31日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
鹿 屋 11時 2日 9時 緩始 89 8.6 50

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



【1989年1月31日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
柿 岡 4.9時 1日 17時 緩始 85 8.8 52

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



【1989年1月31日に観測された磁気嵐】
地点 起 時 終 時 地球磁気 地電流
急始/緩始 急始変化量
H(nT)
較 差 較 差
時 分
(UTC)
日 時
(UTC)
水平分力
H(nT)
偏 角
D(分)
鉛直分力
Z(nT)
東西成分
(mV/km)
南北成分
(mV/km)
女満別 8.1時 2日 8時 緩始 97 14 35

※)時刻は全てUTC(世界標準時)です。
※)時刻は急始型の場合は1分単位で、緩始型の場合は0.1時単位で決定されます。
※)欠測等により較差が不明の場合、"-1"と表示されます。
※)1つの磁気嵐の終了前に次の磁気嵐が発生した場合(終了時刻を"C"で表記)、較差が決定されないことがあります。


1989年1月日に発生した磁気嵐期間の柿岡の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の女満別の地磁気毎分値プロット図
1989年1月日に発生した磁気嵐期間の鹿屋の地磁気毎分値プロット図

※)プロット図は別ウインドで開きます。



このページのトップへ